P120 Chicago: The Garden of the Phoenixツアー実施報告

JCCC渉外PR委員会では、P120 Chicago(代表Bob Karr氏)からの提案を受け、ミシガン湖岸清掃プロジェクト(Beach Sweep)の会場となっている57th Beachにほど近い、Jackson ParkにあるThe Garden of the Phoenix Tourを10月9日、秋晴れの爽やかな天気に恵まれ22名参加の下、実施しました。
シカゴ市南部ハイドパークにある科学産業博物館の南側に位置するChicago Park District(シカゴ公園課)管轄のこの地域は、先日オバマ前大統領夫妻が出席されて起工式が行われたObama Presidential Centerが2025年に完成予定から、今後シカゴを代表する観光スポットとなるホットなエリアです。
P120 Chicagoは、 1893年のシカゴコロンビア万国博覧会の開催時に日本から寄贈され建てられた「鳳凰殿」(京都府宇治市の鳳凰堂を模した建造物、終戦翌年1946年に焼失)の再興を目指し、万博開催から120年にあたる2013年に設立されたNPO団体です。弊所は2016年の創立50周年に併せ、桜の木計50本を寄贈し、毎年5月頃には桜の花が咲いて、The Garden of the Phoenix の日本庭園、更にはアーティストのオノ・ヨーコさんデザインの公共アート「Sky Landing」のオブジェと共に、日本紹介の良い機会になっています。
将来的には2026年の創立60周年に向けて、再度桜の木60本を寄贈する旨、会員皆様のご理解の下各関連他団体と連携しながら、シカゴ市南部の再開発の中心となるP120 Chicagoのプロジェクトへの継続支援を実施できることを願っています。

日時
10月9日(土)11:00am–1:00pm
参加者数
22名
場所
P120 Chicago サイト@Jackson Park
主催
JCCC渉外PR委員会(P120 Chicago協力)